So-net無料ブログ作成

コミティアでの出来事 [同人誌]

大したことではないのですが、コミティア100のイベント会場でのスケブの話です。
自分のサークルでは描かないのですが、・・・いやそもそも依頼もないのですが、隣のサークルであったことです。

あるお客さんが隣のサークルの人にスケブをお願いしにきました。
そのサークルの人は何人かスケブ依頼が来ていたので有名な人なのかなと思いました。
問題はそのお客さんの態度です。

まず私の机の隣半分のところにバッグを置きます。(欠席なので)
それでスケブと参考資料を取り出して隣のサークル主に迫ります。
「このキャラで裸の絵をお願いできませんか」
ちらっと見た感じでは何のキャラか分かりませんでした。
そもそもオリジナルオンリーのイベントなので指定というもの変なのですが。
例えば今回の参加イベントがアニパロジャンルでニャル子で描いていたら、「ニャル子描いてー、くー子描いてー」「しょうがないにゃぁー」ですむところですが、そういう類じゃないというのが空気で分かりました。

サークル主「その絵を描いたことないので無理です」
客「これはオリジナルです。この絵でエロ描いてください」
サークル主「できません」

これでしぶしぶ客は帰りました。
せめてそのサークルの本を買ってあげてからスケブを頼むならまだいいのですが、金を払うことは考えずタダで絵を描いてもらうという魂胆がぞっとします。
オリジナルの元絵ということから想像するとこうではないでしょうか。
『コミティアに参加しているお気に入りサークルの人は健全本しか描いておらず、これでは僕の欲求が収まらない。そうだ。エロマンガ描いている他の人にお願いするのがいいんじゃね』
という感じに絵師を便利屋扱いされているとすれば腹立たしい。
せめてそのサークルの発行している本に載っているキャラ見て「このキャラエロかわいいですね。スケブ描いてください」って言われたら「しょうがないにゃぁー」となるのに。w

スケブは好意であり、気分次第のサービスであるという認識を持ってもらいたい。
とエラく語ったりするのであった。


まあ、自分のところに来てもそのイベントに出展した題材以外は現地で描く気力がありません。(いつも徹夜だし、そもそもイラスト描くには前準備とか下調べが必要なのです。適当な髪型や服装を描くわけにはいかないからね)
10年ぐらい前にサンクリで中学生ぐらいの人にスケブを頼まれたことがありました。
このときは年齢的に同人誌を買うお金ないけど絵を描いて欲しい的なニアンスだった気がします。
そもそも成人向け本出してしたので未成年には売れないし。
でも描けないので断りました。
だって、200部ぐらい作ったのに5,6冊ぐらいしか売れなくてもの凄く落ち込んでいたので描ける状態ではなかったのです。(あれ、エンジェリックレイヤーの本の時だったかも)

もっとも売れない記録はその後更新したりします。
4年ぐらい前に参加したコミケでオフセット印刷で気合いれたやつ。
200部ぐらい作ったけど売れたのは3冊でした。
このときも落ち込みましたが、隣ホールが初音ミクジャンルだったのが救いでそこで買った1冊の同人誌が泣ける話で感動して自分スペースで座っているときはブルーでした。(駄目じゃん)
本当に泣ける感動の同人誌で自分もまだ未熟だなと悟りました。

そのコミケでは旧知のサークルが参加していたので帰るついでに挨拶に行き、本を買いました。
自分よりはうまくない(絵的に)のですが、売れた数を聞いて驚きました。
100冊。
それに引き換え自分のは3冊。
さらに落ち込んで帰路についたのであった・・・。


と脱線しましたが、絵を描くのは気分次第なのを理解して欲しいです。


あと10年ぐらい前にあった話。
サンクリに参加しているときに「リューナイトのパッフィー描いて欲しい」と言われました。
リューナイトって95年のアニメで今更!?って感じだったのですがお断りしました。
理由としてリューナイトは見てたし、どちらかというとラムネ&40が好きだったけれども、そもそも伊東岳彦さんのキャラは難しいのですよ。
いくら設定見ながらでも数年経ってしまってはうまく描く自信がなかったのです。

で、これには後日談があって学校の生徒にその話をしたら、ネットで有名な人らしい。
ところ構わずリューナイトのスケブを依頼する人ということで。
公式・非公式のアイテムが手に入らなければ(相手にお願いして自分好みの絵を)作っちゃえ。か。
(※学生から聞いた話ではそういうことらしい)

怖いわー。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。